上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ろくべえの事が頭から離れなかった。
どうする事がろくべえにいいのだろう。
くぅさんに何度も相談してアドバイスをもらう。
外で暮らしていくために、避妊手術の予約をお願いした。
何も知らないろくべえに怖い思いをさせるのが辛かった。
でも、ろくべえに赤ちゃんができたらもっと辛い事になる。
(すでにおなかに赤ちゃんがいたらどうしよう)と何度も思った。
野良猫の避妊手術が初めてだった私は、現場から連れて行けばいいと思っていたけど、
ろくべえにはとても無理だと後でわかった。

今度は、ノミの薬・虫下しの薬・フードを持って行ってみた。
よっぽど腹ペコだったのか、薬も一緒にガツガツと食べた。
後で聞いたら、現れた頃はもっと太っていたらしい。
ゴミあさりも下手くそで、やっと見つけた魚の骨も食べられず舐めるだけだったらしい(苦笑)
やっぱり捨て猫か迷い猫か・・・・

満腹になったろくべえは、ひょいと塀に登って、Iさんのガレージでくつろいでいた。
ろくべえ、幸せそうだった。



※思い出しながら書いてるので話が前後したり、ややこしいところがあるかもしれません。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amurocket.blog80.fc2.com/tb.php/2-92d5f78f
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。