上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.06 はるたち
やっとブログに書ける気持ちになりました。
長~い報告です。

あんなに元気になったはるが、21日に突然体調を崩しました。
いろいろ治療をしてもらい、付きっ切りでみましたが、翌々日の夜、息を引き取りました。
一時は、離乳食を食べて、鼻も治ってトイレもできるようになり、
目も手術してもらい、元気に育っていくのを楽しみにしていましたが、
うちに来た時とあまり変わらず小さな体のままでした。
私の足にちょこんと乗って甘えるのが大好きでした。
目に浮かびます。

はるという名前は、目の悪いはるに里親さんが難しいと思い、
うちに残るつもりで付けた名前でした。
私は、はるが大好きでした。

続いてシャロンの体調が悪くなり、マロ、せっちゃんと弱っていきました。
仔猫と接触していない、ろくまで目が悪くなり、どうしていいかわからなかった。
前回の里親会の日は勝手に涙がこぼれ、みんなに迷惑をかけてしまいました。

仔猫たちは入院させてもらい、猫部屋を消毒して退院できる日を待つ事にしましたが、
マロが里親会の翌日に息を引き取りました。
マロは、ずいぶん馴れて甘えてくるようになったので募集をかけたところでした。
マロが恥ずかしそうに私を見る目が浮かびます。

1番元気だったせっちゃんは、先週の木曜に息を引き取りました。
シャロンは、点滴を繋ぎっぱなしでほぼ2週間近く何も食べずに生きてる状態でした。
先週の土曜に会いに行ったら、元気はあるのですが、自分では食べられない。
良くも悪くもならない症状です。
ただ一生懸命甘えようとする姿と、点滴をつけた小さな手が辛かった。
シャロンごめんな、、、、と謝ることしかできず・・・・
先生と相談して、保護したスタッフが月曜に家に連れて帰ってくれました。
今は、栄養剤を食べてフラフラでがんばってます。

原因はわかりませんが、きつい風邪の合併症かと思われます。
何もできないまま、立て続けに仔猫が亡くなり、
この活動を続けていく自信がなくなっていました。
続けていれば、どうしても避けられない事があります。
そんなところに仔猫4匹を保健所に持っていくと相談があったり・・・・・・・
時間が経って秋になったら、また預かりをしようと少しずつ気持ちも落ち着いてきました。
正直、今、このブログではるたちを見るのも胸が痛いです。

気持ちが自然に戻っていくのを待ちます。
仔猫がいない間に、仔猫部屋の網戸を作ってもらったり、窓の修理に来てもらいました。
・・・・・・・・そして、今日、ミルク子犬が2匹やってきました。
生後50日ぐらいの野良の赤ちゃんです。
思ったより大きかった。
離乳後のお渡しですがまた募集かけます。
哺乳瓶を吸う子犬を抱いて、
保護されてきた子に私が逆に癒されている気がしました。

----------------------------------------------------------

あの強そうなろくまで調子が悪くなった時は、目の前真っ暗でした。
突然、白いドロッとした目やにが出て、常に涙が流れてくる状態に。
すぐに病院に行き薬をもらいました。
免疫もあり、太ったろくは、1週間弱で良くなりました。
元気のないろくは、いつもの凶暴ではなく、おとなしく抱っこされていました。
今は、凶暴に戻ってホッとしています。

ろく、ずっと長生きして。

roku311.jpg

roku314.jpg

roku313.jpg


~おまけ~

ソファーの2匹

roku315.jpg


★はなままさん  フードその他、寄付ありがとうございました^^
★伊勢市 Sさん フード・猫砂の寄付ありがとうございました^^

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amurocket.blog80.fc2.com/tb.php/286-294900a2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。